2014年6月11日水曜日



 「輪島市美術展」が、65日(木)から9日(月)まで輪島市文化会館で開催されました。この美術展は今年で48回を数える大変歴史のある展覧会です。
 会場では「工芸」「絵画」「書道」「写真」の4つの部門に、「輪島市長賞」「輪島市議会議長賞」などの受賞作を含む196点の作品が出品されていました。

工芸

絵画

書道

写真

 一つ一つの作品は、どれも見ごたえがあり作者の思いが伝わってくるものばかりです。特に「工芸」では、全国公募展にも出品されている作家の方々の漆芸作品が多く並び、輪島塗の産地ならではの内容となっていました。
 作品を鑑賞しながら、輪島というこの小さい街にも、こんなにも美術を愛好する人々がいて、その人々が日頃から創作活動に精を出していると思うと、とても嬉しい気持ちになりました。厳しい経済状況や、過疎化、高齢化などの喫緊の問題を抱えている今の時代だからこそ、このような芸術活動が人々に心の潤いをもたらしてくれると強く思います。そんな意味でも今後ますますこの美術展が発展して行って欲しいと感じました。(T.S.)

- Copyright © 輪島ぶらり散歩 - Skyblue - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -