2014年8月14日木曜日

 輪島市内のあるお宅で「ゲッカビジン(月下美人)」が咲きそうだというお話を聞き、早速訪ねてみました。
 「ゲッカビジン(月下美人)」は、サボテン科クジャクサボテン属の植物で、原産地はメキシコです。細長い茎と大きな白い花、そして強い香りが特徴です。
 23日前から長い茎の先端が少しずつ上を向き始め開花の準備をしていました。そしてこの日の午後8時過ぎ、ついに数輪の花が咲き始めました。それと同時に濃厚な甘酸っぱい香りがしてきます。やがて2時間ほどで満開となり、部屋いっぱいに広がった香りの中、白く華やかな姿を見せてくれました。
 それにしても“月下美人”とは、何と言う素敵な名前でしょう。この花が咲いているのは一夜だけなのです。たった一回だけ白く華麗な花を咲かせることからこの名前が付いたのでしょうか。花言葉は「はかない美」「はかない恋」「あでやかな美人」です。熱帯地方のメキシコ生まれのこの花ですが、名前や花言葉は昔から日本人が好む「はかない美意識」、例えば一瞬で終わる花火や僅かな期間しか咲かない桜などに通じるものだと思います。
 この花は、昨年亡くなったこのお宅のご主人様が、大切に育てていたものだそうです。今年も元気に花を咲かせてくれて、ご家族はとても喜んでいました。わずか一夜だけの花物語でしたが、その貴重な時間を共有させていただいて心から感謝するとともに、来年もまた白く華麗な花を咲かせてほしいと思いました。(T.S.)

- Copyright © 輪島ぶらり散歩 - Skyblue - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -