2014年10月3日金曜日

 920()、輪島市門前町の曹洞宗大本山 總持寺祖院で、「ぜんのきらめき・プロジェクションマッピング」が開催されました。高さ14mの山門をスクリーンに見たて、様々な光のアートを表現するものです。



 レーザー光線も取り入れた光が乱舞するたびに、訪れた人から「おおっ」という歓声が上がっていました。そして輪島の太鼓グループ「和太鼓虎之助」のメンバーが勇壮なばちさばきを披露し、見事なコラボレーションを見せていました。



 また寺院内や周辺部では、太陽光で発電するLEDランプがそこかしこに置かれ、光の回廊とも言えるような幻想的な風景を見せていました。


*当館でも、LEDランプ14,000個を使った「かがやきナイトミュージアム」を今年度も開催いたします。
 ぜひこちらもご覧ください。
              期間 1031()2015331()
              会場 輪島市漆の里広場(当館隣接)
              点灯時間 日没から4時間(見ごろは19:0020:00)
              初日の1031(金)には、17:00から、当館エントランスホールで
              オープニングピアノコンサートを開催

- Copyright © 輪島ぶらり散歩 - Skyblue - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -