2015年3月25日水曜日

 3月も後半となり、徐々に春めいた日が多くなってきました。
 輪島市内を巡ると、各所で新しい歩みを目にすることができます。
 「道の駅・輪島ふらっと訪夢(ほうむ)」から県道1号線を南へ約1km進んだところでは、輪島消防署の新庁舎が建設作業のピークを迎えています。新庁舎は、私たちの安全安心に一層寄与する事でしょう。
 そのそばでは、市街地を東西に迂回する国道249号線輪島バイパスの整備も急ピッチで行われています。市中心部の車両の渋滞緩和も期待されます。

 市中心部では、リニューアルオープンする2つの施設、輪島マリンタウン地内の「輪島キリコ会館」、河井町中央通りに建つ「輪島塗会館」の目新しい建物も、道行く人々の注目を集めています。
 また、そこかしこで春の訪れを告げる「曳山(ひきやま)祭」の鮮やかなポスターを目にするようになりました。総輪島塗の曳山が街を練り歩く姿が目に浮かびます。曳山巡行は、住吉神社が45()、重蔵神社が6()です。
 そしてこの春、北陸新幹線金沢開業と共に、私たちにとって大変嬉しい話題が「NHK連続テレビ小説『まれ』」の放送です。330()から始まるこのドラマを通じて、輪島の素晴らしさを感じていただければと思います。
 岐阜県・御母衣(みぼろ)湖展望台の荘川桜の種から育ち、当館に植えられている「荘川七郎」のつぼみもふくらみ、開花まであと少しとなっています。(T.S.)

- Copyright © 輪島ぶらり散歩 - Skyblue - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -